夫婦別姓への道が開かれるまでには、まだ時間が掛かりそうだ。東京地裁は3月25日、青野慶久サイボウズ社長(47)の主張を退け、夫婦別姓を認めない現行制度を合憲と判断した。


 法務省が2017年に実施した調査によると、夫婦別姓を容認する人、すなわち「夫婦が婚姻前の名字(姓)を名乗ることを希望している場合には、夫婦がそれぞれ婚姻前の名字(姓)を名乗ることができるように法律を改めてもかまわない」と回答した人が42.5%に上った。すでに半数近い人が夫婦別姓に賛成しているのが現状だ。


◆世論調査では夫婦別姓容認が反対を上回っている

 一方、調査では「夫婦は必ず同じ名字(姓)を名乗るべきであり、現在の法律を改める必要はない」と答えた人も29.3%いた。


 反対派の多くは、“家族の絆が壊れる”、“子どもがかわいそう”、“日本の伝統が壊れる”といった理由で反対しているようだ。保守派の漫画家として知られるはすみとしこ氏は3月24日、夫婦別姓に賛成する串田誠一衆議院議員(日本維新の会)に対し、ツイッターで次のようなリプライを送っていた。



「日本には日本の家制度があり、それを基軸に我が国は2679年続いてきました。今更朝鮮式を入れる理などありません。夫婦別姓を導入するとどう日本が壊れるか、もうちょっと考えてください」(はすみとしこ氏のTwitter)


 反対派は以前から同様の主張を繰り返している。夫婦別姓に強く反対している日本会議は、2010年3月に「夫婦別姓に反対し家族の絆を守る国民大会」を開催。登壇した亀井静香氏は、「夫婦が納得づくで姓が違うのはまだいいかもしれないが、子供はどうするんですか。僕はお母さんの姓のほうがいいよ、いやお父さんのほうがいいよ。一家の中でそんなバラバラのことをなぜ、せないかんのか」と訴えていた。


 下村博文氏も同大会で「夫婦の絆、それ以上に親子の絆がずたずたになってしまう」と発言。姓が別々になるだけで、夫婦や親子の絆が壊れると懸念しているようだ。当時、民主党の衆議院議員だった吉田公一氏も「わが国の家族倫理、日本の伝統を守ります」といって夫婦別姓に反対している。

 しかし、反対派の主張はいずれも根拠のないものばかりと言っても過言ではない。

◆「夫婦の一体感はパートナーとの向き合い方によって培われる」
 姓が違うと夫婦や親子の絆は弱くなるのだろうか。「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」の井田奈穂事務局長は、こう指摘する。

「家族の絆が弱くなると主張する人に対しては『根拠はありますか?データはありますか?』と聞くようにしています。しかしきちんと根拠やデータを示せる人は皆無です。法律で夫婦同姓を定めているのは日本のみです。逆にベルギーやカナダのケベック州では別姓が基本。そうした国や地域で家族が壊れているといえますか? 姓が由来の社会問題が起きていると言えますか?

 日本では同姓で結婚したはずの夫婦の約1/3組が離婚しています。同姓だからというだけで絆が保てるなら、決して起こらない現象です。夫婦や家族の一体感は、パートナーや子どもとの向き合い方によって培われるものです。姓で醸成できるほど単純ではありません

 すでに日本には事実婚や国際結婚で別姓の夫婦がいる。姓が異なることで絆が弱くなるどころか、姓の問題に2人で向き合ってきたことで絆が強くなった夫婦も多いという。

「国民生活白書によれば、事実婚の理由1位は『夫婦別姓を通すため』です。事実婚の夫婦は、慣習や性別役割の固定概念に囚われずに、互いがどう生きたいか話し合い、尊重し合ってきた夫婦が多い。当然、結婚する前に姓に対する考え方もきちんとすり合わせているため、法律婚の夫婦よりも絆が強いこともあります。

 法律で別姓が選択肢になれば、より多くの夫婦が姓の問題について公平な立場で話し合えるようになると思います。それは結婚後の2人の関係について話し合うことにもなります。むしろ離婚率は減るでしょう」

◆「別姓の子どもは異常」という差別意識
 両親の姓が違うと子どもがかわいそうだという意見も根強くある。しかし井田さんによると、生まれつき両親が別姓の子どもはそのことを疑問に思うこともなければ、そのことで困ることもないという。

「日本・海外ともに多くの子どもの体験を聞きますが、両親が元々別姓である場合、子どもはそれを『普通』と思って育つので、気に病むことはほとんどありません。大人が『多数派でないことは異常』と偏見をもって教えない限り、ネガティブに捉えることもありません。生活していて困ることもないんです。かわいそうだという人は、実在しない子どもを隠れ蓑に、『私は別姓の子どもは異常だという差別意識を持っています』『私は子どもにも同調圧力をかける人間です』と表明しているにすぎません。

 そもそも現代では、両親の姓が異なるということを子どもの同級生や他の保護者が知る機会はあまりありません。仮に『親が別姓』を理由にいじめられるケースが実在するなら、なぜいじめるほうを正さないのでしょう

◆明治時代にドイツから輸入された制度が「伝統」?
 夫婦同姓が日本の「伝統」でないこともよく知られている。夫婦同姓が始まったのは、1898年(明治31年)に旧民法が施行されてからのことだ。

「明治時代に脱亜入欧を目指して、ドイツの制度を輸入したものが夫婦同姓です。日本の伝統とは言えません。はすみ氏のいう家制度も、1898年に始まって1947年には廃止されており、『2679年』どころか50年未満の歴史です。

 ただ、明治以降の慣習でも『伝統』と呼ぶのであれば、それはそれで構いません。しかし今の社会に生きる人々が困っているのですから、『伝統』に固執するのではなく、時代の要請に合わせて選択肢を設ける必要があるのではないでしょうか」(井田さん)

 そもそも選択的夫婦別姓を容認しても、全ての夫婦が別姓にしなければならないわけではない。これまで通り同姓にしたい夫婦は同姓を選ぶことができるのだ。井田さんは「なぜ他の夫婦が別姓を選択することすら認められないのでしょう」と首をかしげていた。

 井田さんが事務局長を務める「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」は、夫婦別姓を求める人たちのネットワーク。メンバーは各々が在住もしくは在勤の地方議会に対し、陳情を行っているという。井田さんは「夫婦別姓を求める当事者たちの声を届けていく。世論も過半数は別姓に賛成・容認を示しており、認められるのは時間の問題だと思う」と話していた。

<取材・文/中垣内麻衣子>



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

はいハバ。つかこれ公的にも別姓でなければならない理由があんま思いつかないんだけど、何かあるのかな? 無いなら別に別性を「名乗ること」は禁じられてないんだから特に問題ないと思うが……どっちかの姓になるのが嫌だとかは「名乗ること」も禁じられて始めて問題にすべきじゃないかねぇ


ビジネス上で苗字が変わると困るっていう人いるけど、会社での呼び名と名刺の表記を旧姓のままにすればいいだけの話だし、現在滞りなく浸透している戸籍の仕組みまで変える必要ないんだよな。


ハーバーの言うことの逆張りが全て正しい、わかりやすいわ~


二次元規制反対派の山田太郎は別姓推進派だけど、この話を聞いてどう思ってるんだろう?


別姓にこだわる理由が理解できない


相変わらず長文過ぎて…あと近代法制度と慣例をごちゃ混ぜにしてる、やり直し。


まあハーバーだよな


メンドクセ


正直反対してるのは一部の声がでかい*だけだからさっさと法改正した方がみんな幸せになれると思うよ 人の迷惑を考えない自己中なんか無視してオッケーオッケー


同姓が嫌なら結婚するな。


別姓推進派は、どうせ離婚する先を読んで結婚するのか?


二人は望んで誓いあって結婚した。反対でいいよ


結婚式を挙げない挙げれない人が増えた昨今、結婚届で夫婦同姓になる事を結婚の儀式としている向きもあるだろう。戸籍上別姓でなければどうしてもダメという局面って何かある?


夫婦別姓に大した魅力があるのではなく、夫婦同姓に大きな不都合があるのではないのに、希薄な動機で今の日本らしさを変えることはない。外国は外国で日本ではない。外から見るとちょっと変でも、それが今の日本という国でよいのではないか。こんなことに「きちんとしたデータや根拠」はいらないでしょう。


>ハーバー・ビジネス・オンライン はい、解散解散


判決には素直に従ってください。


小さい子供が両親のどっちの姓を名乗れば良いかなんて決められると思うかい?


右翼系の連中に論理なんか求めちゃいかんよ…。言葉のあやを論理だと思ってる連中なので。…詐欺か?っていうと自分らも信じちゃってるので、そこは違うようだけど。


そもそも日本の文化ではないのでは。したきゃできるとこに行けば良い


30年位たった後に、親戚の両親 子供の姓が皆違うのがややこしすぎる。夫婦別姓にするなら姓を無くした方がマシ


>>age-s じゃあ、なんでお前らは同姓にこだわるんだ? 同姓に拘ってる連中が「なんで別姓に拘る」とかいうのは滑稽にも程があるぞ。別姓にしたいという人間がいるなら、それで良いんじゃないのか?


>>myomyo それなら同姓で無ければならない理由とは何だ?お前ら自分の主張が矛盾してるのに、さも当然のようにペラペラを喋ってるの?本音ではゴリゴリの同姓推しの癖に、そう思われたくないから逆張りしてる奴ばかりだな


「恋愛が必要だと思ったことはない。逆になんで皆さんが欲しがっているのか教えて欲しい。そんなに恋愛とか大事なのかなっていう感じ」 別番組でこんなこと言ってるライターさんですしおすし


何故か夫婦別姓推進派は、「東アジアでは『嫁は旦那の家に入れない』という男尊女卑のために伝統的に夫婦別姓だった」「それを是正するために明治以降、欧米を見習って夫婦同姓を取り入れた」という歴史的事実を無視するのだろうか


夫婦別姓推進派のおかしな主張


入籍届というのはつまり、籍を一緒にするための届出じゃないか。籍(名字)を一緒にしたいという希望者のみ名字が同じになるだけであって、不要なら婚姻届を出さなければいいんだよ。別にそれで夫婦として何の問題も無いから。


法律で夫婦同姓を定めているのは日本のみです。逆にベルギーやカナダのケベック州では別姓が基本 ←←←  ▲*かこいつ。「文化、制度が何かも違う」んだから当たり前だろ。 こんな言葉遊びが通用すると思ってるから左翼は*なのだ。


出た出た。ただの「早稲田」だったよ →→→ ▲>井田奈穂・早稲田大学卒業後、記者、ライターとして活動


【 夫婦別姓 偽装結婚 国籍売買 背乗り 国籍ロンダリング 】


夫婦別姓が、裁判所によって認められないと言う事で、「同性パートナーシップ」に差し替えて、シバキ隊&シールズが渋谷LGBTパレードを乗っ取った。主犯は、博報堂社員「長谷部健」という渋谷区の区長


ハーパーの逆が全て正しい。


好きに名乗っても構わないが、あらゆる場面であなたをどちらの名前で呼ばなければいけないのかを徹底してくれ。好きで1世帯で2つの名前にした責任があるでしょ?


ならキラキラネームって子も手軽に改名できるようにしてやろうぜ・・・


変えたい方が根拠を示せw 絆が弱くならない根拠。ベルギーやカナダの習慣がそのまま日本に適用できる根拠。まずそれを示すのが筋だ


夫婦別姓なんて蔓延したら戸籍が滅茶苦茶になって誰が誰だかわからなくなるぞ。不法滞在と背乗りが捗るな。


中垣内麻衣子とか言う*の夫婦別姓に賛成の論には根拠がなく感情論と願望しか語っていない。具体的な数字が全く出てないからだ。客観視点から物を言わず、対立軸から反対派の逆張りしてたら主張に信憑性がなくなる事に気付け。


まあ、別姓運動自体チャイナやコリアンの風習を持ち込みたいと思ってるだけですし。あちらでは子供は無条件で父親の性を選択することになるのでむしろ妻を一族と考えない差別的な風習ですけどね。この運動をやって別姓選択してるのは概ねあちらの方々。


夫婦別姓にメリットデメリットはあるのだろうが、こいつらが真に推し進めようとしてるのはそれによって得られるメリットではなく日本の弱体化でしかない。理屈を色々並べ立ててるが本音はそこでしかないんだからわざわざそれに乗ってやる義理も無いしむしろ潰すべき案件


日本壊れるー!にほ、日本が壊れるわ!日本が壊れるわ!ハーバー・ビジネス・オンラインさん許して!ハーバー・ビジネス・オンラインさん許してぇ!ハーバー・ビジネス・オンラインさん許して!日本壊れる!日本壊れる!日本壊れるわ!許して!許して!許して!ハーバー・ビジネス・オンラインさん!日本壊れるわ!


別姓で日本が壊れるんやて。同姓でも社会的になんも不都合ないんやて。なら別姓反対派の男性諸君はもちろん全員婿入り肯定・希望派なんやね?全国の婿入り婚募集中の方々ー、ここに良い人材()がおるやでー!何?ミソジニストこじらせたネトウヨだけはお断り?残念やったなあホント同性婚のおかげで日本が滅ぶわ。


都合の良い事だけ海外と比較して悪い事は比較しないよな。 海外のほとんどが軍持ってるんだから日本も持とうとかは絶対言わないスタイル。


別姓派へ…法的な話であって、通称を禁止した覚えはありません。今時旧姓使用を禁じる会社あるのか?旧姓にしなきゃいけない理由って何?


同姓でも特に困らないんだが?w 同姓で困るなら別姓の国に籍を置いて結婚すればよろしいw わざわざあなた方が言う「古くて遅れている日本」に籍を置かなくていいです。国籍=法律を選択する自由はあなた方にこそあります。


正直反対してるのは一部の声がでかい*だけ←逆だろ。


夫婦別姓のメリットは、外国籍者が偽装結婚に使って、「帰化しないまま日本国民と同じ権利を得る」以外に何もない


感情論にデータで示せってのもね。しかも存在しないデータを示せってのもね。まあ、実際別姓は不便だと思うわ。


国際結婚は別姓なので 国際結婚が増えつつある現代に伝統を持ち出して別姓に反対する意味は薄い。伝統とかでなく子供にとっては同性の方がいいとかならわからんでも無いが。


別姓じゃないと、ビジネス上困るっていうのも表現おかしいだろ。女を武器にしてたやつが、既婚が相手達に知れて困るってだけだろ。